車の異音【シュンシュン】エンジン掛けただけで異音!原因や対策は?

に乗って、エンジンを掛けたとたんに「シュンシュン」と何やら聞きなれない音が。

何か物でも挟まったかな?それとも・・・なんて心配になると思います。

今回は、エンジンから聞こえるこの「シュンシュン」という異音について調べていきます。

 

車の異音【シュンシュン】エンジン掛けただけで異音!原因は?

エンジンを掛けただけで聞こえるこの「シュンシュン」という異音。

原因は補器類を動かすためのベルトが劣化しているのが原因です。

補器類とはエンジンを冷やすためのファンや、パワーステアリングを動かすためのポンプなどの事を指し、エンジンとベルトで繋がって動いています。

このベルトはゴムで出来ていて、経年劣化によってゴムが硬くなったり裂けることによって、回転するたびに「シュンシュン」と音を立てることがあります。

 

シュンシュン異音の対策は?

補器類を動かすベルトはボンネットを開けるとすぐ見える場所にあったりします。

覗き込んでみて、劣化しているようであればすぐに交換しましょう。

走行できるからと言って放っておくと走行中にベルトが切れて、ハンドルが急に重くなったりエンジンを冷やせなくなってオーバーヒートしたりと、危険なことがいっぱいなので無理をしないようにしましょう。

 

シュンシュン異音の修理代は?

補器類のベルト交換はディーラーや修理工場だけでなく、ガソリンスタンドでもやってくれるところがあります。

気になる交換代ですが、ベルト代が4000円程、工賃が5000円程度ですので、10000円程度で交換が可能です。

ただし、部品取り寄せに時間がかかる場合がありますので、余裕をもっていきましょう。

 

シュンシュン異音で車検は通るの?

シュンシュンと異音が鳴っている状態で車検が通るか不安になる方も多いと思います。

車検は車が安全に走行出来るかの検査ですので、シュンシュンと音が鳴っている限りでは特に大きな問題はなく車検は合格します。

 

買い換えたほうがいいの?

この異音の修理代はそれほど高くありません。

無理に買い替えを検討しなくてもまだまだ元気に走ってくれるでしょう。

しかし、購入してから大分乗っているとなると、ベルト類だけではなく他の部分にもガタが来ている可能性があります。

愛車の状態をよく見て買い換えを検討してみるのもよいでしょう。

 

まとめ

シュンシュンという異音は、まだまだ走れると思って放っておくと大きなダメージを受けることがあります。

修理はすぐに出来ますので、無理せずに早めに見てもらうようにしましょう。