車の異音【カタカタ】走行中に足回りから不気味な音!原因や対策は?

で走行中や段差を乗り越えたときに、足回りから「カタカタ」と異音がする。

そんな経験ありませんか?

今回はこの不気味な「カタカタ音」についてお話しします。

 

車の異音【カタカタ】走行中に足回りから不気味な音!原因は?

車の足回りはいくつものパーツがつながって出来ていて、走行中の段差を乗り越えるときにショックを吸収したり車を安定させたりと色々な動きに柔軟に対応できるような作りになっています。

例えるなら人間の関節のようなイメージです。

その関節部分が長年乗っていると緩んだり、ガタついたりして走行中に「カタカタ」と音を立てていることがあります。

発生場所で多いのがボールジョイント部分です。

ここはゴムブーツと呼ばれる部品で雨水などから保護する役割を持っているのですが、長年乗っていてゴムが劣化し破けていたりすると、そこから水が浸入しジョイント部分を錆びさせてしまいます。

その錆が原因で異音が発生することがあります。

その他に考えられる個所としては、車を安定させるスタビライザーと呼ばれる部品のガタつきやショックアブソーバーの取り付け部分のネジのゆるみやゴムクッションの劣化などが考えられます。

 

カタカタ異音の対策は?

異音が発生した状態で乗り続けるのは賢明ではありません。

最悪ジョイント部分が外れハンドルが利かなくなる恐れがあります。

また他の場所のネジゆるみを見つけて自分で締め直したとしても、もともとの位置からずれてしまっていることがあります。

足回り部分は車をまっすぐ走らせたり、タイヤの片べりをなくすように調整されています。

異音がしなくなったとしても早めにディーラーや修理工場で点検してもらいましょう。

 

カタカタ異音の修理代は?

気になる修理代ですが、ボールジョイント部分の交換ですと10000円ぐらいで交換できます。

しかし車種によっては周りのアッセンブリーごと交換になる車種もあります。

そうなると3~10万円程となってしまいます。

スタビライザーの交換は8000~10000円程度、ショックアブソーバーのゴムクッションの交換ならば左右合わせて50000円ぐらいの修理代が必要になってきます。

 

カタカタ異音で車検は通るの?

車検での足回り点検項目として、「正常にサスペンションが機能しているか」と「変な音がしないか」というのがあります。

音の確認はタイヤにレンチを引っ掛けて揺らすのでここで異音があると車検は不合格となります。

また足回りの各箇所をハンマーで叩いて、ゆるみがないかも確認しますので、ここでゆるみが見つかるとこれも不合格となってしまいます。

いずれにせよ異音がした時点で車検には通らないということになります。

 

買い換えたほうがいいの?

足回りの修理には思いのほか費用が掛かります。

長年乗っていて、修理をしたけれど今後も修理箇所が増える可能性があるのならば、思い切って乗り換えを検討したほうが費用が安く済むこともあるので、検討してみることをオススメします。

 

まとめ

意外と軽く見られがちな足回り。

実は結構大事な部分なんです。足回りはドライバーの乗り方ひとつで長持ちするかしないか変わってきます。

車にやさしい乗り方を心掛けて、愛車と長く付き合っていきましょう。