車の異音【ガタガタ】エンジンルームから変な音 原因や対策は?

エンジンルームから聞こえてくる「ガタガタ」という異音

どんどん大きくなり、壊れてしまうんじゃないかと不安になりますよね。

今回はこの「ガタガタ」異音について考えていきます。

 

車の異音【ガタガタ】原因は?

エンジンルームから聞こえる、この「ガタガタ」という異音。

シフトが「P」もしくは「N」に入っているときには鳴らず、「D」に入っているときに発生するようであればエンジンマウントの劣化が考えられます。

エンジンマウントとはエンジンと車体をつなぐ部品で、ゴムで出来ています。

エンジンや地面からの振動を抑える役割を持っていて、このエンジンマウントが劣化すると振動を吸収できずに「ガタガタ」と異音が発生することがあります。

その他に考えられる原因としては、ボンネットのヒンジが劣化し隙間が出来てきてしまうことで「ガタガタ」と異音がすることがあります。

 

ガタガタ異音の対策は?

エンジンマウントが劣化いるのならば、自分で行う対策はありません

信頼のおけるディーラーや整備工場に持ち込んで見てもらいましょう。

ボンネットのヒンジが劣化している場合は、市販の潤滑油を吹き付けてあげると若干症状は改善することもあります。

それでも収まらないようであれば、こちらも見てもらったほうが早いでしょう。

 

ガタガタ異音の点検費用や修理代は?

エンジンマウントが劣化いていて交換となると、車種によって値段は様々ですが大体20000~40000円ぐらいの修理費用となります。

ヒンジ部分の修理代は10000~20000円が目安となるでしょう。

 

ガタガタ異音で車検は通るの?

「ガタガタ」と音が鳴っているだけで車検が通らないということはありません。

エンジンマウントやヒンジの取り付け部分に関しての検査項目はありませんので、何の問題もなく車検は通すことができます。

 

買い換えたほうがいいの?

エンジンマウントやヒンジの劣化による修理はそれほど高額な修理費用とはなりませんので、買い換えを検討しなくても修理して乗り続けたほうがコスパがいいでしょう。

ただ、あまりにも劣化が激しく修理費用が数十万円にもなるようであれば、乗り換えたほうがお得になるケースもありますので、愛車の状態をよく考えて検討してみるとよいでしょう。

 

まとめ

「ガタガタ」と鳴る異音は、すぐに故障につながるようなものではありません。

ただ放置しておくと他の場所にまでダメージが及ぶ可能性があります。

気が付いたらなるべく早めに見てもらうように心がけましょう。